バストアップサプリって効果あるの?

バストアップと言うと、真っ先にバストアップサプリを思い浮かべるかもしれません。

バストアップってとっても大変な努力が必要なんですけど、お手軽に「飲むだけでバストアップしたい」、なんて人も多いようです。

結論から言ってしまうと、バストアップサプリは効果はあります。

ただし、有効成分の含有量が安全性に配慮した量に抑えられているため、ただ飲むだけでは効果は小さいようです。

効率的にバストアップしたい場合には、マッサージや運動など並行してバストアップサプリを飲むことで、効果を高め合うのが最も有効です。

急がば回れと言うか、なかなか簡単楽々ってわけには行かないものです。

さらに残念なことに、バストアップサプリには効果のあるもの、無いものがあるのはもちろんなんですが、同じサプリを飲んでも人によって効果が出たり出なかったりまちまちなんです。

バストアップサプリは詐欺?

と、効果が出ないこともあるバストアップサプリなんですが、詐欺なのかと言うとそういうわけではありません。

ほとんどのバストアップサプリは、成分として植物性エストロゲンという女性ホルモンのエストロゲンによく似た構造をしている物質を含んでいます。

植物性エストロゲンが体内に入るとエストロゲンと同じ様に働くため、エストロゲン濃度が上昇するのと同じような状態になります。

エストロゲンの濃度が上がると乳腺に脂肪をつけるように働きかけるため、乳房が大きくなって行きます。

バストアップサプリは女性ホルモンの濃度やバランスを変化させることによって、バストアップが引き起こされることを狙っています。

バストアップサプリは危ないの?

となると、「あれ、バストアップサプリってちょっと危ないのかな?」という疑問が湧いてきます。

プエラリア・ミリフィカという原材料を使ったバストアップサプリを摂取することによって、健康被害が続出するという事件がありました。

プエラリアもまた植物性エストロゲンを含む植物ですが、非常に強力に作用しすぎてしまうため、少しでも過剰に摂取してしまうと、たいないの女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、更年期障害のような症状を引き起こしてしまうんです。

プエラリア入りのバストアップサプリは、販売停止にはなっていないため現在も販売されていますが、摂取する場合は気をつけなければなりません。

プエラリアの件があって以降、バストアップサプリの原材料として注目されているのがワイルドヤムという芋です。

ワイルドヤムを含むバストアップサプリとしては、ジュエルアップやグラミープラスなどの商品があります。

ワイルドヤムの場合、エストロゲンではなくプロゲステロンとして作用する物質を含んでいます。

プロゲステロンもまたバストアップに関わる女性ホルモンです。

プエラリアほどではないにしろ、女性ホルモンのバランスを変化させることができてしまうものである以上、摂取量はきちんと守らなければなりません。

この様に、バストアップサプリの場合、効果がないことを心配するよりも、効果が出すぎてしまうことを心配したほうが良いかもしれません。